FC2ブログ

健康の素モロヘイヤノ効用

何年か前には、好きな食べ物ではなかった。なんか青臭くてこんなもの食べられるかと、思った時があった。なんか妻にならされたのか、食べるとそれなりに、うまく感じられてきた。洗脳と言うのはこういうことかなと、自分で納得した。それ以来良く食べているようだ。モロヘイヤはシナノキ科の一年草野菜である。葉はシソの葉に似ており、花は黄色でオクラに似ている。原産地は中国、東地中海地方のようだ。アジア、アフリカの熱帯で栽培され、若葉を細かく刻んでぬめりを出す。葉や果実を食用とする。日本では1980年代から利用されているようだ。夏バテの予防や、コレステロールの抑制や血糖値降下に、有効であるようだ。


モロヘイヤはエジプトの王様が、病気になった時に、食べて治したと言われている野菜で、健康野菜として日本に紹介された。豊富なビタミンB1,で夏バテの予防と解消に。夏場は緑の葉っぱが少なる時期です。その中でモロヘイヤは高温乾燥に強く、梅雨明け頃の旬の野菜です。シソの葉に似た葉はどこかたよりなく見えますが、その栄養価は抜群で、ミネラル、ビタミンが豊富で、代表的な栄養素の含有量を、緑の野菜の代表、ホウレンソウと比較してみると、カルシュウムは4倍、βーカロチンは3倍、ビタミンB1、B2など、いずれも多く含んでいます。暑さで汗をかいたり、冷房で体が冷えてしまう夏場は、体調を崩しやすい季節です。ミネラル、ビタミン豊富なモロヘイヤを食べることで、心身のバランスを保つことが出来ます。(参考文献 デジタル大辞泉、 食の医学館、体に効く野菜 他)管理者

宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話 090-3642-2167




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle