FC2ブログ

健康の素ピーマンの効用

昔はあまり食べた記憶が無い、ナンバンならいつも、食卓の隅にあったが、ピーマンは、ここ30年ぐらいかなあ。食卓に表れてきた感じである。最初はなんだ皮だけのなんばんと、思っていた。食べてみると辛くないのだ、なんか変な食べ物と思いながら食べた記憶がある。ピーマンはナス科のトウガラシの変種である。南アメリカ原産で古くから各地で重要野菜として栽培さてていたらしい。日本には明治期にスペインから導入されたらしい。戦後アメリカから導入されたイスパニア種は、果肉が厚く中は空洞になっており、からみなく、匂いともそれほどきつくないもので、以降栽培が広まったようだ。日本では宮崎、茨城、高知、が主産地のようだ。


ピーマンを輪切りにしてサラダや、炒めものに、また肉など詰め物をして揚げ物にしたり、焼いたり、天ぷら、煮物などに最適である。日本ではパプリカと呼ばれる品種は、肉厚で果実の部屋が3,4に分かれた、きれいなベルがたの品種がある。成熟した果実には甘みがあり、フラボノイドが含まれており、ビタミンCの熱による破壊を軽減してくれる。レモンより遥かに多くのビタミンCの摂取が可能である。辛くない大型種がピーマンで、細長いのがししとう。赤ピーマンは緑ピーマンが完熟したもの。オランダパブリカやジャンボピーマンと呼ばれる、赤や黄色の大型種のものも、おなじみとなりました。野菜の中で高温を好む夏野菜の代表です。夏の日差しから肌を守り、皮膚の表面に沈着した色素を分解する働きがあります。ピーマンには、約3個で1日分のビタミンCを取ることができ、日焼けした肌を白くします。夏にはもってこいの野菜です。(参考文献 野菜果物辞典、日本大百科全書、体に効く野菜)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話 090-3642-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle