FC2ブログ

健康の素コマツナの効用

アブラナ科の変種で、葉を汁の実、漬物、浸し物などに広く使われている野菜です。若いものを うぐいす菜とも呼ばれている。江戸時代八代将軍、徳川 吉宗が鷹狩で、東京の小松川を訪れたさい、すまし汁に入った青菜が気に入り、地名にちなんで命名したと言われている。コマツナは冬の野菜で、正月の雑煮に良く使われている野菜です。今では品種改良や施設化が進み週年生産されているようです。コマツナは東京都の地域ブランドとして、広く栽培されている。


骨粗しょう症、ガン予防、脳の動脈硬化、脳梗塞などの予防になるようだ。寒さに強く、霜に2,3度あった露地栽培の物の方が、葉は小ぶりですが、甘みもあって味もよく、栄養価もアップするようです。コマツナは4分の1束(80g)で牛乳(180cc)1本分と同じカルシュウムが摂れる骨を作る野菜と言われています。ホウレンソウの代用として使われますが、カルシュウムはコマツナの方が4倍も多いのです。アレルギー体質の人には、頼もしいカルシュウム源です。牛乳でお腹がゴロゴロする人も、コマツナを食べれば、カルシュウムを確保できます。(参考文献 大辞林第3版、体に効く野菜他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話 090-3642-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle