FC2ブログ

健康の素エダマメノ効用

今からの季節エダマメをつまみに、ビール一杯何とも言えぬ季節ですね。私の家でもエダマメを作っています。エダマメの品種は、げんき娘、と言う早生種と、茶豆、そして一番人気の「秘伝」と言う品種です。この秘伝のエダマメは、香りの強い美味しいエダマメで、茹でると、そこらじゅうがエダマメの香りで、満たされます。大豆の起源は東アジアで自生する野生種ツル豆が中国東北部で分化誕生したと思われるが、正確には特定されていない。日本では、縄文遺跡からツル豆、リョクトウなどの、小さな豆が出土されている。しかし、近年土器内部の植物圧痕として発見され、縄文中期から後期にかけ、日本列島における存在が確認された。


豆と野菜の両方の栄養的利点を持った緑黄野菜です。「畑の肉」言われる大豆同様に、エネルギー、脂質、良質タンパク、ビタミン類、食物繊維、βーカロチンなどを含む野菜です。利尿作用を促すカリウムを多く含む、むくみ解消にも効果がある。エダマメのタンパク質に含まれる、アミノ酸の一種「メチオニン」はアルコールの分解を促し、肝臓機能の働きを助けてくれる、飲みすぎや二日酔いの防止する働きがある。 <エダマメノ茹で方> エダマメ250g、塩40g、水1L。(市販されているものは1袋 200g~300g)エダマメを流水で洗う。さやの両端をハサミで切り落とす。塩15gをエダマメにふりかけ、よくもむ。沸騰した湯に残りの塩を25gを入れる。沸騰した湯の中にエダマメを入れ3~5分間 中火で茹でる。3分半ごろ一つ取り出して、味見をして、塩かげんや硬さを確認し、ザルに上げて冷ます。少し硬めでも余熱で軟らかくなる。長期保存するには、茹でてから冷まして冷凍保存すると、いつでも食べられる。解凍は自然解凍が一番です。(参考文献 世界大百科事典、大辞林第三版)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle