FC2ブログ

ゴボウの効用

 土ゴボウのような人と言う言葉、聴いたことありますか。昨日本を読んでいたら、土ゴボウのような人は、まれにみる、人格者でこの世で貴重な人であるという。なぜなら、土ゴボウは見た目が泥に、まみれているが、洗うと、地色が出てくる。そして、一皮削ると白くなる。それを、他の煮物なんかの、だしとして一緒に煮ると、その味が格別にいい味が出る、他の物の味を引き立て、自分自身も、味が良くなり、他の食べ物の消化を良くするという、何とも味のある話である。


 ヨーロッパではゴボウを民間薬として利尿剤として利用している。中国では、種、茎葉、根を薬用として用いています。ゴボウを日常の食事に取り入れているのは、日本だけです。世界に誇れる日本独自の健康食品です。ゴボウには、食物繊維が多いため、便秘を解消する働きが勿論ありますが、その他素晴らしい働きがあります。ゴボウの繊維は肉やコメなどの、数十倍の水分を吸水し便通をよくし、さらに腸内の好気細菌の発生を促し、ビタミンの合成を活発にする働きや、脱コレステロール作用、そして直腸ガンの予防にも一役買います。古くは、精力を増進させる作用が有る食べ物とされ、虚弱な人が食べると、体を丈夫にし、体力のある人が食べると、補腎強精に役立つと用いられてきました。しかし、あくが強いためアレルギー性皮膚炎の人は多食を避けたほうが良いようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle