FC2ブログ

タクシー運転手のこぼれ話

        

 

 タクシー運転手になっていろいろ経験した。その中の一つに自分の家を忘れた飲ん兵偉が、どうしてもここは、自分の家じゃないと、言い張り車を降りないのである。あれは多分寒い晩だった。夜の12時過ぎころ、いつものように古川市の、いつものところで飲んでいるので、迎いに来てくれとの電話あり、いつもの通り迎い行った。いい気分で歌を歌いながら、御帰還である。無事家に着きましたよと言うと、ここは俺の家じゃないと、車から降りようとしない、玄関をよく見てくださいと言っても、いや、ここは俺の家じゃないと、言い張るのである。困ったなぁと思いながら、クラクションを鳴らそうかと思ったが、夜中なのでこれはまずいと思い、そうだ、電話で奥さんを起こそうと思い、奥さんに電話を掛けた。


 奥さんも中々起きてこず、しばらくして、起きてきた。お父さんどうしたの、と言うと、ぁおまえ、なんでここにいるんだ。ここ自分の家でしょう。さあ降りて早く寝ましょうと、やっと車を降りた。奥さんに散々んお礼をいわれ、どうもすみませんと、家の中に入って行った。翌朝タクシーの事務所に、夫婦二人そろい、昨夜は大変すみませんでしたと、菓子折りを持って、謝りに来た。常日頃は、いいお父さんなのだが、何かかん違いしたのかもしれない。いいの、いいのといいながら、大笑いになった。

                                         
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle