FC2ブログ

健康の素 ミカンの効用


ミカンはミカン科、ミカン属の植物で、またその植物の実部分のこと。日本ではミカンと言えば、ほぼ温州ミカンを指すことが多い。原産地が鹿児島県の長嶋と推測されている。ミカンの皮をむくと、中に8~18個の袋があるが、これには通常種が無く、薄皮ごと生で食べられる。袋の外には一般に「すじ」と呼ばれている部分があるが、正式には「アルベド」といい、食物繊維が豊富な物です。生食が定番であるが、ジュースやゼリーなどにも好まれている。またフレッシュジュースや冷凍ミカン、缶詰めにも加工されてている。ミカンの皮の乾燥させたものを「陳皮」といい、七色唐辛子の材料の一つでもある。また漢方薬にも用いられている。又「マンダリン」の名でカレーなどの香辛料にも利用されている。日本では明治期から広く栽培されるようになった。


ミカン類は皮の方が薬効があるというものの、実や種子、根にも薬効があります。ミカンの実を食べたり、汁を絞って飲むと、体の水分を補って、胃を和ませる働きがあります。胸のあたりがつかえた感じして食欲がない時に食べたり、ジュースを飲んだりすると食欲をそそります。ミカン類を食べすぎると乾皮症と言って掌などが黄色くなることがありますが、食べるのを止めると自然に治りますので心配はいりません。ミカンの乾燥した皮は陳皮と言い漢方生薬として良く利用されています。咳を止め、痰を除き、吐き気を止めるほか、健胃剤としても良く用いられています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle