FC2ブログ

健康の素 リンゴの効用


リンゴはバラ科リンゴ属の落葉高木樹、またはその果実。セイヨウリンゴと呼ぶ。リンゴは春に白または薄紅の花が咲く、果実は食用にされ、球形で甘酸っぱい。原産地は北部コーカサス地方が有力視されている。リンゴは7500以上の品質が栽培されている。亜寒帯、亜熱帯、および温帯地方で栽培可能である。2010年代になると、日本では生食でも美味しい赤肉系が、品種改良され、相次ぎ生み出された。リンゴはスイス地方の先住民族と言われている、湖棲民族の遺跡からリンゴの化石が出土しており、推定4000年前には栽培されていたと考えられる。日本に最初に持ち込まれたのは中国からと推定されている。平安時代の中頃の書物「和名類聚抄」には「利宇古」(りうこう、りんごう)として、リンゴが記述されている。


子供のころお腹をこわしたり、病気になったりすると、お母さんがリンゴをすって食べさせてくれたという思いでのある人が、多いのではないでしょうか。リンゴをすりおろしたものは、刺激が少なく消化が良いため、離乳食や病人食として昔から重宝がられてきました。リンゴは生で食べるばかりでなく、ジャム、ゼリー、菓子の材料になるほか、ジュースや酒の材料としても親しまれています。リンゴには体の中の水分の流れを良くし、喉の渇きを止める働き、腸を丈夫にして下痢を止める働き、暑さを解消させ、胸のあたりのもやもやした不快感を治す働きがあります。ですから、精神的に疲れて食欲がない、病後で食事した後 胸のあたりがスッキリしないようなときに食べると、効果が有ります。このスッキリさせる効果は、リンゴに含まれるリンゴ酸、クエン酸、酒石酸によるものです。その他肺を潤し咳を止める作用、酒酔いを冷ます作用もあります。

年齢による体調の変化に! 新発想!予防学から考えられた 内側からの健康サポートサプリ 「DREXEL CORE」   ↓↓詳細はこちら↓↓ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZU15B+XCANM+44UC+5YZ77
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle