FC2ブログ

健康の素 ダイズの効用



ダイズはマメ科の一年草、完熟種子は主に搾油の原料となり、絞り粕は(大豆粕)飼料として利用されている。食用にもなり特に東アジアでは様々な利用形態が発達している。未成熟なの種子をエダマメと呼んでいる。農作物としては世界中で栽培されている。日本では縄文時代に存在したと思われる。大豆の出土例があり「古事記」にも大豆の記録が記載されている。種子には苦み成分であるサポニンが多く含まれており、人類の主食までにはなっていないが、植物の中では唯一、肉に匹敵するだけのタンパク質を含んでいる特徴から、近年の世界的な健康志向の中で「ミラクルフード」として脚光を浴びている。原産地は東アジアである。日本にも自生しているツルマメが、原種と考えられる。田中角栄政権は、ブラジルで放棄されてきた内陸部のサバンナ地帯(セラード)に着目、ダイズ生産を働きかけたところ、軌道にのり2010年代のブラジルは、アメリカに匹敵するほで大豆生産国に成長した。


黄ダイズ、黒ダイズとも、強い補腎、利尿作用が有り、むくみなどが有るとき用いられます。腎臓が弱い人や、むくみやすい人により、リウマチ性疾患、寝汗をかきやすく、疲れやすい人に良い食べ物です。また安胎作用が有るので、妊婦や生理不順の人にも効果的です。さらに湿疹やできものに外用することもあります。補腎の作用もあるのでお年寄りや体力の無い人は、出来るだけ柔らかく煮たものを食べたり、煮汁だけを飲むのはいい方法です。現代では、ダイズの脂質の大半をひめるリノール酸が、コレステロールを除く作用が有ることが分かっています。またダイズのタンパクであるレスチンやサポニンは、コレステロールを除く働きをするため、動脈硬化や高血圧が心配な人には、是非たくさん食べてほしい食品の一つです。(参考文献 フリー百科事典、台所漢方 他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話 090-3642-2167

あすなろの大豆と青汁は、カラダの衰えと健康を考えるあなたのために開発された、 大豆のたんぱく質と青汁の栄養を両方とれる健康食品です。 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZNQO4+10BGOI+43A8+HVNAR
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle