FC2ブログ

健康の素 羊肉の効用


羊肉は羊の肉である。生後およそ12ヶ月以下の子羊の肉はラムと呼ぶ、それより年を取った羊の肉は、マトンと呼ばれている。ただし厳密には、永久門歯の有無により区別される。日本では明治時代に養羊が奨励され、北海道では常食となっており、関東でも常食化してきている。世界では地中海料理、アフリカ料理、中東料理、南アジア料理、そして中華料理に於いて大きな特徴となっている。日本では主にジンギスカン、しゃぶしゃぶ、カレー、ロースト、ステーキといった食べ方が好まれる。今、外食業界では、健康志向も後押しして、肉ブームが続いています。中でも注目されているのが、羊の肉、一昔前えは、「ちょっと香りが独特で」という言葉もありましたが、今では「第4の肉」として拡大中です。


子羊の肉をラム、成長した羊の肉をマトンと言います。羊はヨーロッパやアジアで、古くから重要な食べ物ですが、日本人は独特の臭みを嫌う人も多く、牛、豚、ほどは普及しません。冷えを治す効果は抜群です。日本では羊肉というと、ジンギスカン料理を連想する人が多いでしょう。家庭でマトンやラムを料理して食べることは、まだまだ少ないのですが、ヨーロッパ、中近東、中国では豚や牛と並んでなじみの深いものです。羊肉は柔らかく消化が良く、脂肪部分が少ないので、肥満の心配もないので、現代人にピッタリです。羊肉は牛肉や豚肉と同じように、気力を増し、血を増やし、弱った体を丈夫にする働きがあります。また体を温める作用に優れているので、胃腸を温め、腹痛や下痢を治します。冷え性の人、寒がりの人、冷えによる様々な症状に悩んでいる人に勧めたい食べ物です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle