FC2ブログ

健康の素 豚肉の効用


豚肉は食用に用いられる豚の肉です。肥大能力が大きく、皮下及び内臓の周囲、筋肉中に多量の脂肪を蓄積し、しかし赤肉量は全体の40%前後、脂肪組織も20%前後と平均して高く、食用肉として非常に優れている。他の肉と比し脂肪が多い、良質のタンパク質にも富、ビタミンB1も多い。豚肉は日本人が一番よく食べている肉類で、その消費量は、牛肉の約2倍になっている。中華料理でも最も重要な食材です。しかし、イスラム教やユダヤ教、ヒンドゥー教では食べるのを禁じています。日本では縄文時代以降、イノシシは盛んに食べられていたが、野猪がいつごろから家畜化されたかは、はっきりしていない。しかし、日本で豚肉が一般に広まった時期は牛肉より後で明治30年代のことです。ヨーロッパでは紀元前2500年ごろ新石器時代に、豚は飼育されており、古代ギリシャ人は、盛んに食べていたようだ。古代ゲルマン人やローマ人は、ことに豚肉の愛好者であったようだ。豚の粗先種であるイノシシは、温帯地方の生物で、旧大陸地帯に広く生息していたため、各地で独立に家畜化されたようだ。


中国では「四本足のもので食べないものは、机、飛ぶもので食べないものは飛行機」と言われるくらい、なんでも食べる習慣があります。牛も例外ではなく爪の先から頭まで、あらゆる部位を食用、薬用にしています。牛の内臓料理は日本人の苦手とするところ。その中で手に入りやすく食べやすい物を紹介しておきます。牛のレバーは鉄分、ビタミンA,B1,B2,などを豊富に含むので、貧血によいなどの、高い評価を得ている。また肝機能を丈夫にし、目の病気を治す働きもあるようです。牛の腎臓は肉屋さんや朝鮮料理材料店で手に入ります。腎臓は腎機能を丈夫にする食べ物です。腎機能を高め腰痛を治し、むくみ、老人性難聴にも効果が有るようです。強精作用もあるようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle