FC2ブログ

健康の素 アジの効用


アジはアジ科アジ亜科に含まれる魚の総称です。日本ではその中の1種、真アジを指すことが多いが、ほかにも多くの種類があります。世界各地の熱帯温帯域で食用に漁獲されている。全長は15cmほどのミヤカミヒラアジから150cm以上になるロウニンアジまで種類によって異なります。真アジは日本ではなじみ深い魚だが、その分布は北海道から南シナカイまでとあまり広くない。アジの食性は肉食性で小魚や甲殻類、貝類、頭足類などの小動物を捕食する。年中食べられるアジは5月ごろが旬です。煮魚や揚げ物、タタキ、刺身、酢の物、塩焼き、つみれとしても美味しい。日本では高級食材として利用されている。アジは世界中の暖海域に広く分布し暖流に乗って小回りする回遊小魚類です。種類は真アジ、ムロアジ、シマアジなどです。真アジはアジの中では最も多く水揚げ量が多く、大きさによって20cm前後のものを中アジ、10cm以下を小アジと区別して呼ぶことが有る。タンパク質、EPAを含みマス、真アジのエキス分にはアラニン、グリシン、グルタミン酸などの遊離アミノ酸が多く含まれ、これらのエキス成分と脂肪が混ざり合い、独特のうまみがあります。


新井白石は「アジとは味なり、その味の美を言うなり」と言って、アジの美味しさを讃えています。マアジ、シマアジと色々種類はありますが、日本ではよく食べるのがマアジです。いつ食べても美味しいアジですが、特に晩春から晩秋までが美味しい季節です。尾の近くに、のこぎりの歯のような鋭いウロコがあり、調理をするときは、包丁で尾の方から逆にこれを削り取り、えらとはらわたを取って用います。塩焼き、酢の物、煮つけなどにしますが、栄養価も高く、美味しく食べられるのは小アジの、から揚げです。中温の油に、よく水けをふいて入れ、中までよく揚がったら引き揚げ、シヨウガ醤油や酢醤油で食べます。頭から尾まで香ばしく、骨も食べられるのでカルシュウム補給に役立ちます。育ち盛りの子供や、中年からの女性に是非進めたい魚です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle