FC2ブログ

健康の素 フカヒレの効能


フカヒレは大型サメのヒレを乾燥させた、中華料理の食材です。中国でフカヒレが食べられだしたのは、明の時代と言われています。潮州料理など、中華料理の食材として利用されています。ほぐれた状態のフカヒレをスープや点心の具として使うほか、ヒレの形のまま煮込む料理もある。ジンベイザメやウバザメ、のものが最高級である。日本は世界有数のフカヒレの生産国であり、江戸時代にはナマコ、アワビと共に、中国(明、清)に輸出されていた。調理する際は乾燥したフカヒレをまず、ネギ、ショウガと共に茹で、さらに蒸したうえで皮をはぎ取り水にさらす。このように下処理してから上手に煮込むと臭みが消え、軟骨魚特有の柔らかなゼラチン質の食感が楽しめる珍味となる。


中華料理ではフカヒレを「魚翅」(イウチー)と名ずけて料理の材料に使っていますが、熊の手、ツバメの巣、と並んで最高級の食材として珍重されています。最近では水煮の缶詰が出ていますので、家庭でも利用できます。フカヒレと呼んでいますが、サメのヒレの事です。背びれ、胸びれ、尾びれとあり、背びれの厚い部分が最高級品で、次に尾びれ、胸びれの順に珍重されます。このヒレを二、三日水につけ戻し、長時間煮込んでスープを加え、塩味をつけ、片栗粉を加えてトロットさせたのがフカヒレのスープ(チントンイウチー)です。中国ではめったに家庭の食卓ではお目にかかれないほどの高級品です。フカヒレは気力を充実させ、食欲を増進させて胃腸の働きを活発にし、虚弱体質を改善させる効能があるそうです。宮城県の松島や気仙沼では、フカヒレ ラーメンが出されています。とてもうまいですよ。一度食べてみてはどうですか。(参考文献 フリー百科事典、台所漢方、他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口富治 電話090-3642-2167

初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle