FC2ブログ

健康の素 ホタテガイの効用


ホタテガイは二枚貝綱翼形亜綱のイタヤガイ科に分類されている軟体動物の一種である。通称はホタテ(帆立)。寒冷海洋性で食用としても重要な貝類の一つです。ホタテの殻径は20cmほどになる二枚貝である。自然分布域はロシアのカムチャッカ半島、千島列島、サハリン沿岸州、日本の北海道、東北地方、朝鮮半島北部などです。中国やアメリカの一部でも養殖されて、乾物に加工され流通されている。養殖は天然稚貝を捕獲、育成する蓄養で行われている。出荷のための水揚げは、懸垂養殖は2年後、地まき養殖では放流後4年かかる。日本ではほとんどが懸垂養殖です。ホタテガイの旨み成分であるアミノ酸、グルタミン酸、コハク酸、タウリンが豊富に含まれている。特有の甘みはグリコーゲンにようるものです。貝柱は肉厚で淡白だがほぐれやすく、舌触りと風味が抜群である。殻はカルシュウムに富むことから、チョークやトラックのラインを引く粉に加工されている。主成分の炭酸カルシュウムは環境に全く影響を与えないことから、融雪剤として注目されている。


ホタテガイは干したものの方が、栄養価が高くおいしい。滋養強壮になる貝です。ホタテガイは日本の北海道、東北、オホーツク海などに分布しています。中華料理の材料として日本から中国に輸出している物の一つです。アワビ、イリコ、フカヒレと共に中華料理の「四珍」と言われています。ホタテガイの食用になる部分は貝柱で新鮮なものは生のまま、ワサビ醤油か酢の物にして食べます。乾燥させた貝柱を中国ではカンヘイと呼び、もどしてスープ、炒めもの、シュウマイなどに幅広く活用しています。薬効が高いのは干したもので主な働きは「陰を滋し(細胞に潤いを与え)血圧を下げる」。日本には帯子と呼ばれる貝柱がありました。これも干貝と同じような薬効があるとされています。滋養強壮力が強く血圧を下げる作用や瘰癧を治す効果が有ります。(参考文献 広辞苑第4版、台所漢方、他)管理者宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話 090-3642-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle