FC2ブログ

健康の素 ハマグリの効用


ハマグリはマルスダガイ上科マルスダガイ科の二枚貝科の一種で、食用としては重要な貝です。長さ8cm 幅3.5cm 高さ6.5cmほどの丸みを帯びた三角形の貝殻をもつ貝です。良く成長した物では貝殻が10cm以上になる場合もあります。日本本土の東北地方以南の地域と朝鮮半島の一部で、淡水の影響のある、内湾の砂泥低に生息している。日本にとって非常に古くから親しまれてきた食材で、縄文時代からの出土例があり、「日本書記」にも記述されている。栄養的にはコハク酸を多く含み旨みに富む食べ物です。吸い物や、クラムチャウダー、なべ物、酒蒸、焼き蛤、佃煮、土瓶蒸し、串焼き、寿司などに、幅広く利用されている。ビタミンB1を分解してしまう、酵素アノイリナーを含むため、生食には向かないようだ。浜辺に生息しており、形が栗の実に似ていることから「浜栗」の意味が定説と言われている。


肝臓機能を活発にし、目を美しくする、夫婦和合のシンボルの貝です。ハマグリは、ちょうつがいをはずすと、何百何千と貝を集めても、元の貝意外とは合いません。そのため夫婦和合のシンボルになったり、「貝合わせ」と名づけて優雅な遊びの道具にしたりしました。ハマグリは日本、朝鮮半島、中国沿岸、台湾、フィリピンなどに広く分布していますが、中国では3千年も昔から食用にされていた歴史の古い貝です。煮て食べると、発熱を取り除き、肝臓機能を活発にし、目を美しくする働きがあります。そのため体の中に熱が停滞して起こる、黄疸、腹部膨満、目の充血を治すそうです。喉の渇きを治す作用にも優れているため、糖尿病で喉が乾くときや、二日酔いにも用います。(参考文献 広辞苑第5版、台所漢方 他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話 090-3642-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle