FC2ブログ

健康の素 アワビの効用


アワビはミミガイ科の大形の巻貝アワビ属です。成長した殻は、長径5cmから20cm、短径3cmから17cmの団円形である。東アジアでは日本の北海道南部から九州、朝鮮半島及び中華人民共和国北部の干潮付近から、水深20mの岩礁に生息している。アラメ、ワカメ、コンブ、などの褐藻類を食べている。アワビは高級食材で、コリコリした歯ざわりが特徴です。刺身、酒蒸し、ステーキ、等に調理される。アワビを磯焼きなどにして賞味する地方もある。中華料理では、アワビを茹でてから、干したものを、乾鮑とよび、大変高価なものでかつ、珍重されている。中世後期には、海産物が移入されている。高田氏居属舘跡や勝沼氏居舘跡から、アワビの貝殻が出土しており、当時から内陸部に於いて

食用にされていたと考えられる。


秦の始皇帝が不老不死の薬を探し求めていた話は有名ですが、日本にも徐福を遺わしてその薬を探させました。徐福は中国に帰りませんでしたが、彼が探していた物はアワビ、またはナマコという伝説があります。滋養強壮に優れ、眼病を治し、殻は漢方薬に。貝の中の王様です。アワビの実は大変おいしく、昔から煮たり蒸したりし、また生で食べれれてきました。乾燥させたるものは、中華料理の高級な材料です。アワビは滋養強壮の働きがあり、特に眼病に効き目があります。結核の咳や微熱、白内障に使用します。また煎じたり煮たりすると、熱を取り去る働きをし、小便の出を良くし、黄疸を治します。喉の渇きを止め、胸のつかえを治し、肝臓を強くする効果もあるようです。さらに不正出血を治し、止血作用もあります。さらに、干しアワビは、多食すると強壮効果があり、筋肉を強めます。(参考文献 甲州食べ物紀行、台所漢方 他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口富治 電話 090-3642-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle