FC2ブログ

健康の素 エビの効用


エビはエビは節足動物門、甲羅亜科軟甲網、十脚目(エビ目)のうちカニ下目、ヤドカリ下目(異尾類)以外のもの全ての総称です。体表はキチン質の殻で覆われ、頭胸部と腹部に大きく分けられる。

淡水域にはテナガエビ類、スジエビ類、ヌマエビ類、ザリガニ、アメリカザリガニなど。

浅い海の砂泥低にはテツポウエビ、クルマエビ、ウシエビ、シバエビ、ウチワエビなど。

浅い海のサンゴ礁や岩礁には、サラサエビ、カクレエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ロブスターなど。

深海にはサワラエビ、シフエビ、アマエビ、あかざえびなど。

ほとんどのエビが食用にされ、大小さまざまなエビが、漁獲消費されている。エビは肌や、髪のツヤ、ハリに作用するタウリンや、骨を丈夫にする、カルシュウムが豊富に含まれている。料理としては刺身や茹でエビ、焼きエビ、つくだ煮、グラタン、すし、天ぷら、エビフライ、エビチリ、炒めものなど多種多様である。ウシエビなどのエビは、東南アジアを中心とする海外で、大規模に養殖されている。


エビは身だけじゃなく殻にも卵にも薬効があります。食べる時はよくかみ、ビタミンC,D,乳類と一緒に料理することが大切、卵は強精作用が強いのですが、発疹しやすいので注意が必要です。また鉄分とカルシュウムが豊富。体力を付け、精力が減退した人にお勧めの強精食品です。エビは、腎を補う作用が強い食品です。腎虚の、足腰が冷える、腰から下がだるく力が無い、精力が減退してきた、早漏気味などの症状がある人、頻尿の人に向いています。また急性の蕁麻疹、はしかなどの発疹性の疾患で、発疹しきれないとき、体内に残っている毒素を表面に出して治す働きがあるそうです。殻は、炒って粉末にしたものを張ると、悪性の腫れ物に 効果があるそうです。シヨウガ、シソ、ダイコン等には、エビ、アレルギー反応を予防する働きが有るので、エビを食べる時には一緒に食べましょう。(参考文献 フリー百科事典、原色日本大型甲羅類図鑑、台所漢方 他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話 090-3642-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle