FC2ブログ

健康の素 豆腐の効用


豆腐は大豆の搾り汁を(豆乳)凝固剤(にがり、その他)によって固められた加工食品。東アジア、東南アジアなどの広範な地域で古くから食べられている。発祥地は中国で紀元前2世紀ごろと言われている。文献上「豆腐」という語が現れるのは10世紀の「清異録」からである。遊牧民の乳製品の代用品(豆乳)として、発明されたと考えられる。日本には鎌倉時代末ごろには民間に伝わり、室町時代には日本各地にひろがったようだ。そして、江戸時代には良く食べる、通常の食材として広がった。天明2年(1782年)に刊行された「豆腐百珍」には、100種類の豆腐料理が記述されている。当時より豆腐は行商販売されていたようだ。ラッパや鐘を鳴らしながら売り歩いていた。豆腐はタンパク質が豊富でカロリーは比較的に低いため、健康食品として多く使われている。寒い時には鍋料理、暑い時には酒の肴に冷奴。多種多様に使われているようだ。


中国生まれの「豆腐」が日本にやってきたのは、奈良時代とされています。記録として初めて登場したのは1183年にある春日野大社の神主の日記に、お供物として「唐符」が書かれていました。低カロリーかつ栄養価が高いため、ダイエット食品として親しまれており、無添加の自然食品として、世界中の注目を集めています。最近では和食の国際化が顕著で、長期保存のきく充填豆腐を中心に世界に広がり、アメリカ、フランスの健康食、自然食志向の人たちの間で「TOFU」として人気が高まっています。豆腐はタンパク質や脂肪など体の基礎的な栄養素のみでなく、体を調節などして健康を維持増進させる食品「機能性食品」として注目されています。その効用について次々と科学的に解明されつつあります。(参考文献 全国豆腐連合会、沖縄島豆腐物語 他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話 090-3642-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle