FC2ブログ

健康の素アユの効用


アユはキウリウオ目アユ亜科に分類される、川や海などを回遊する魚です。北海道、朝鮮半島からベトナム北部まで、東アジア一帯に分布し、日本がその中心である。石に着いた藻類を主に食べるが幼魚は水生昆虫なども食べるが、石に付着する藍藻類及び珪藻類を主食とする。住どころに縄張りが有り1尾につき約1平方メートル位があり、この縄張りに入って来たアユに、体当たりなどの激しい攻撃を加える。この性質を利用して、アユの「友釣り」が行われ、釣り人たちが10m近い釣竿を静かに構えて、アユを釣る姿は、日本の夏の風物詩である。アユは刺身で食するのが最良で、塩焼きが最高の食べ方と言われている。アユの天ぷらも珍重されている。


香りが決め手の日本の特産魚は夏の風物詩。アユの美味しい季節は夏です。新鮮なものほどおいしく、この種の魚類はなるべく加工しない方が良いと言われております。産地で捕りたての物の塩焼きが一番だと言えるでしょう。アユを姿焼きにして赤みそを塗ったのが魚田(ギョデン)です。アユの臓物の塩辛は、「うるか」といって、酒の肴として喜ばれています。アユは天然ものと養殖ものとがあります。天然ものは小ぶりで身が引き締まっています。養殖アユは姿は大きのですが、アユ独特の香味が少なくなっています。身も柔らかく、天然ものにには及びません。アユの「うるか」は下痢止めに良いが、多食しては、だめです。アユの身は淡白なので食べやすく、滋養強壮の働きがあり病後の体力回復に良い食べ物です。「うるか」は、強壮剤として用いられると同時に、整腸作用もあるので、子供がお腹をこわした時などに使う地方もあります。塩分を多量に含むので、一度にたくさん食べてはいけません。その他高血圧症、肝臓病、心臓病,糖尿病、など成人病に良いそうです。(参考文献 アユの基礎知識、旬の食材夏の魚 他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話090-3642-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle