FC2ブログ

健康の素カキの効用


カキ科の落葉樹で、東アジアの固有種で、特に長江流域に自生していた。熟した果実は食用にされ、幹は家具材として用いられた。果実はタンニンを多く含み、渋がきは防腐剤として用いられている。葉は茶の代わりとして加工され飲まれている。現在では世界中の温暖な地域(渋柿は寒冷地)で果樹として栽培されている。日本から1789年にヨーロッパへ、1870年に北アメリカに伝えられた。ことから、学名もカキとの名前が使われている。カキは沖縄県を除く日本全土で栽培され出荷されている。日本の生産地の主な地は和歌山県、奈良県、福岡県である。


カキの実は果実類の中でも栄養価が特に高い果物です。カキには「甘柿」と「渋柿」が有ります。この違いは、渋み成分「クンニシュ」が口の中で溶けるかどうかで決まります。アルコールや炭酸ガスを使って、処理するとタンニンを可溶性から不溶性に変化させる。干し柿にすると渋味は自然に抜ける。カキは中国を原産地とする説と、中国朝鮮半島、日本を原産地とする説がある。日本で栽培されてているカキは、中国から渡来したという考えが有力である。日本では「本草和名」918年、や「延喜式」927年に記されている。「古事記」や「日本書紀」にも柿という文字が記されている。奈良時代の物として出土した木簡には、柿や干し柿について記されていた。その時代に食用されていたと考えられる。栄養的には風邪の予防、美肌効果、高血圧予防、脳梗塞予防、二日酔い改善に効果が有ると言われている。(参考文献 果物図鑑、他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 氏名 田口 富治 電話 090-3642-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle