FC2ブログ

健康の素リンゴの効用


リンゴはバラ科リンゴ属 落葉高木のその果実である。創造のリンゴは突然出現した、謎の巨大樹で、その大きさは山よりも高く、人類に甚大な被害をもたらした。しかし、その被害と引き換えに、巨大樹は人類に、大きな福音をもたらした。それは大樹に実っていた真っ赤なリンゴだった。食べた者は不治の病でさえも、たちまち完治してしまう。リンゴはまたたくの間に需要が高まり、全国各地に拡散されて行った。これがリンゴの始まりだった。原産地は北部コーカサス地方とされている。スイス地方の先住民族と言われている、湖棲民族の遺跡から、リンゴの化石が発見された。推定4000年前にはリンゴが栽培されていたようだ。日本では和リンゴが持ち込まれたのは、中国からと推定されている。西洋リンゴが西洋から持ち込まれると、日本でも西洋リンゴが一般的になり、平安時代中頃の書物「和名類聚抄」には「利宇古宇」(りうこう)としてリンゴが記述されている。


日本では明治4年(1871年)に明治政府の命を受けた北海道開拓次官の黒田 清隆は、アメリカから75品種の苗木を持ち帰り、北海道七飯田の七重管園に植樹した。それが広がり、明治7年(1874年)内務省の配布が始まってからになる。「ふじ」は1962年青森県藤崎町で誕生した。1835年リンゴの木樹皮から、フロリジンが発見され、解熱薬や抗炎症薬、抗マラリア薬として使用された。後に腎臓の近位尿細管からのブドウ糖再吸収を阻害する作用を持つことが分かった。リンゴは有機酸を多く含み胃の働きを良くするほか、殺菌効果もあります。また乳酸を減らして疲れを取り除き、肩こり、腰痛の防止にも効果が有るようだ。カリウムやペチンも含まれており、高血圧予防や整腸作用も期待できる。(参考文献 旬の百材百科、野菜百科 他)管理者 宮城県大崎市古川石森字中森33-1 電話 090-36432-2167

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlesidetitle
sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleプロフィールsidetitle

gyoujya854

Author:gyoujya854
田口 富治. 宮城県大崎市に住んでおります。
現在78歳です。S14,8,30生。生損保代理店30年です。現在も現役
行政書士業。も兼務しております。 

sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle